ダイニングテープルのポイント | kurahouse
ri.jpg
​蔵House直方店 
​蔵House八幡店 
YJ7b9VZO_400x400.jpg
ダイニングテーブルを選ぶポイント
どんな使い方をするスタイルになるか。
毎日、美味しいご飯が並ぶダイニングテーブル。
 
コンパクトなタイプから大人数から座れるタイプまでありますが、テーブルの高さも様々です。
食事をしたり、ダイニングテーブルで作業をしたりするなら、少し高めのテーブルがオススメです。
 
長時間ゆったりとダイニングテーブルでくつろぐ場合には低めのものがオススメです。
サイズを検討する
ダイニングテーブルは丸や四角の天板や、幅や高さが変えられるもの、と種類はかなり豊富です。
 
間取りにあった我が家サイズを選ぶことが重要です。
 
ダイニングテーブルのサイズを選ぶときは、使用人数と、生活導線が邪魔にならない快適な大きさを吟味しましょう。
質感を選ぶ。
テーブルに使われている木の種類は、色や手触り、木目や重さなどのの違いがあります。
 
また、木の良さを活かし一枚板を使った無垢材なのか、安価でお手入れ簡単なプリントシートを使って仕上げたものなのかでお値段も変わってきます。
塗装にも、木の質感を活かした仕上げのものや、お手入れが簡単なものや、手入れがしやすいタイプのものも様々です。
​テーブルはココをチェック
​円形テーブル
​2人用テーブル
​4人~6人用テーブル
2人用で、最低直径80cm
4人用で、直径130cm​を目安に
最低でも80×80cmのものを選ぶ
4人用で、135×80cmくらいのものを
6人用は、180×80cmくらいのものを
ダイニングテーブルで1人あたりが食事をする際の最小天板サイズは「幅600mm × 奥行き400mm」と言われています。
 
4人掛けテーブルで計算してみると、「幅1200mm × 奥行き800mm」になりますが、食環境の変化や、隣り合う人の距離が近すぎると感じて、今では幅135cmくらいが隣に座っている人とほどよい距離でよいとされています。
テーブルと椅子を組み合わせて購入する
蔵ハウスでは、ダイニングテーブルセットの販売だけでなく、商品によっては、ダイニングテーブル単体・椅子単体で購入する事ができる商品もありますが、メーカーが推奨するダイニングテーブルセットではない場合は、差尺(テーブルの天板までの高さと、椅子の座面までの高さの差)が最適になるかをご留意ください。
​テーブルとイスのバランスをチェック(差尺)
店内でイスに座るときには、家にいる時のように、靴を脱いで、しっかりと腰掛けてみます。
その際、脚の裏がちゃんと床についているものを選ぶと、座っていても疲れにくいです。
テーブルの天板までの高さと、椅子の座面までの高さの差を「差尺」といいます。
​(身長×0.55)÷3=最適な差尺が算出できますが、
 
一般的な目安として、27cm~30cm程度が最適といわれています。
買ったダイニングテーブルセットがどうしても最適な差尺に合わない時、
低ければ、クッションを敷いたり、家具の脚に貼るタイプのフェルトで調節できます。
高ければ、椅子の脚を切るしかないのですが、蔵ハウスでは対応しておりません。

​差尺32cm

​差尺が高すぎると、何とも落ち着かない感じに。テーブルの奥のものを取りにくくなります。

​差尺29cm

​身長に対し、最適な差尺です。

ご飯食べたり、作業がしやすくなります。

​差尺12cm

​差尺が低すぎると、ご飯食べるときや、作業するときに、猫背になってしまい、肩凝りの原因に。

​椅子の可動スペースも考慮する。

​椅子を引いて立ち上がるのに、必要なスペースは、壁から80cmほど必要になります。

​人が座っている椅子の後ろを通るには、110cmから120cm

ほどのスペースが必要となります。

ダイニングテーブルに使われる木の種類

ウォールナット

世界の三大銘木の中のひとつです。

ハッキリとした強い木目で、硬めの手触りがあり、濃いこげ茶が特徴です。木肌や木目の美しさは年数を重ねるごとに味わい深く、艶やかになってゆき、落ち着いた色と雰囲気が、人気の理由になっています

パイン材

特徴としては、節が多く、素朴な自然の雰囲気をかもしだし、軟らかめの手触りで、明るく白っぽい色で、カントリー調の家具によく使わてます。

オーク材

硬質で耐久性があります。木目は非常に力強く、豪快な美しさを持っています。”虎斑”と呼ばれる帯状の紋様が特徴です。

やや粗い手触りで、白色または赤みを帯びています。

流行に左右されることなく、木そのものの魅力があります。

その頑丈さは、ウイスキーの醸造樽の材料としても有名です。

​タモ材

均等な細かい美しい木目が特徴で人気があり、野球のバットにも使用される程、弾力性と耐衝撃性が高い木材です。またタンスの前板にもよく使われており、柾目の直線的な木目が特徴です。その 繊細さと美しさは日本人好みと言われています。

板目の方はアッシュ材として食器棚の前板にもよく見かけます。

 

アルダー材

特徴は、比較的柔らかく、、動きが少ないので、反り、縮みが出にくい素材です。

濃すぎず薄すぎない中間的な色合いと、優しい木目を持ち、赤みがかった茶系があめ色に少し濃く変化する色合いです。

チェリー材

すべすべとした肌触りで、時間が経つにつれ、味わいが増す傾向があり、赤みのあるカラーに変化するのが特徴。

​家具を保護する役目がある塗装の種類

​ラツカー塗装

​ラッカ-塗装とは、木の表面に、薄い膜を作ってつやを出す仕上げとありました。

木の質感生かすことで、木、本来の味わいを引き立てるので、

ヴィンテージ家具やアンティーク家具ではこのラッカ塗装にすることも多いようです。

またキズの補修がしやすいというメリットもあります。

ただし、熱いヤカンを直接置いたり、熱いお湯などをこぼしてそのまま放置すると、白い跡が残るので注意が必要のようです。

 

こぼしたら、ささっとすぐに吹き上げましょう~~。

​UV塗装

UV塗装とは、「ウルトラバイオレットレイズ」塗装の略で、紫外線の事を示すようです。

 

塗料方法は、紫外線を照射することによって硬化していくことにより、特殊な仕上がりになっていくようです。

 

その仕上がりは、透明感と光沢度の高さで鏡のように美しく、塗装の表面に凹凸が少ないので、汚れがつきにくく、汚れても、拭き取りやすいというのが特徴です。

​オイル塗装

オイル仕上げは、無垢の家具の仕上げに多く、天然油をベースにしたオイルを木に染み込ませるので、濡れたようなしっとりとした表情になります。

木の表情や質感はそのまま生かされて、膜を作らないので木の呼吸を妨げることもありません。

 

長く使い込むうちに木、本来の経年劣化も楽しむことができ、味が出てくる仕上げです。

ただし、水には強くはないので、乾拭きをするか、かたーく絞ったフキンで拭いたほうがいいです。

また、定期的にオイルを塗るなどのメンテナンスも必要になってきます。

 

 

しかしながら、ナチュラルスタイルのインテリアを好む方に人気のオイル仕上げです。

​PU塗装

「PU」は、ポリウレタン塗装の略で、その名前通り、ポリウレタン樹脂を使用した塗装方法です。

 

ポリウレタン塗装は、木材の表面に硬い塗膜を作ります。表面は木目の凸凹感が無くツルツルで、熱や水に強く、キズや汚れがつきにくいのが特徴です。

​ウレタン塗装

表面に硬い膜をつくるので、汚れやキズがつきにくく、熱や水にも強いという役割を持っています。水拭きも可能なので、汚れたらささっと拭いてキレイを保つことができます。

 

また木の呼吸を抑制するので、割れや反りが発生しにくくなるものの、経年劣化を楽しむ事はできません。

 

しかし、最大のメリットは、キズに強く汚れにくいという塗装方法です。